コンビニ アルバイト

意外と大変なコンビニのアルバイト

私は今、コンビニでアルバイトをしています。
自分自身もよくコンビニを利用するのですが、バイトをしてみて、実はとても大変な仕事だということが分かりました。
そのことについて紹介したいと思います。

 

まず、コンビニの業務はレジが第一です。
しかし、このレジを攻略するのに、半年もかかりました。
基本的なレジ打ちとキャッシャーについては慣れればすぐにできるのですが、応用ができるまでにとても時間がかかります。
まず、お客さんがレジに持ってきた商品について見極めます。
そして、お弁当があれば温めるか聞きます。一部のおにぎりやサンドウィッチも同様です。
さらに、箸、スプーン、大小さまざまなストロー、おしぼりなど、何がいくつ必要か瞬時に見極め準備したあと、商品がぴったり入るサイズの袋に詰めなければならないのです。
もちろんその間にも温めたお弁当を詰めたり、注文されればレジ横のフライヤーも準備します。
お金を支払うときも、現金なのかカードなのか電子マネーなのか確認し、それに応じたボタンを押します。

 

上記の間にもお客さんはレジに並ぶし、なぜかコンビニのレジはモタモタしていると怒られます。
なので、急ぎつつも正確に行わなければなりません。

 

コンビニの仕事が簡単そうだからと、気軽にアルバイトに応募してはいけません。
実は、一瞬の見極めがとても大事なアルバイトなんですよ。

 

コンビニのアルバイトに応募